読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インフルエンザを迎えるにあたって。

【スポンサーリンク】

先日子供が風邪ひいたらしく、

粘り気のある鼻水が鼻をふさいで呼吸がしにくそうだったので、

いつものように、妻がこの文明の利器を使う。

ママ鼻水トッテ

ママ鼻水トッテ

 

 毎回言っているんだけど、これって親が吸い込んでしまったらダメな気がする。

風邪、うつっちゃうよね?

なので、口の中の圧力?だけで(わかりにくいかな)空気を吸って、それを吸い込まずにすぐうがいしなさいって。

もちろん、自分がやるときは、そうやっている。

そして、ゆーこときかずに妻に風邪がうつる。

 

そんなよくある光景だけど、いつもと違うのは今回はインエンザだってこと。

 

このブログを書いている今まさに、おかんが走っている。

別に自分の母親が走っているわけでもなく、悪寒。

 

今現在、子供と妻が寝込んでいて、僕は家事を終わらせブログを書いているが、

こんなことしてないで、さっさと寝なさい。なのだが洗濯機がもう終わるので、

干すまで寝られなインフル。

 

みんな予防接種うったのにな。