聖の青春

【スポンサーリンク】

この本に出合ったのは、10年くらい前かな。

当時、心が病んでいたのか不明だけど、ひたすら「泣けるもの」を

好んで探していた中の1つ。

まったく将棋の知識もなかったので、とっつきにくい印象だったため、
「泣けるリスト」にはあるものの、なかなか手を付けられない本だった。

 

でも次第に「泣けるリスト」にある手つかずのものが少なくなってきたので、
最後の方に手を出したのを覚えている。

 

まぁー泣いたね。
最後は小説を持つ手が、涙をこらえるために力んでしまって、
本が少し曲がってしまったのを覚えている。

 

そんなこんなで、最近映画化されるという話を聞いたので、
再読することにしたの。

まぁー泣いたね。
最後は小説を持つ手(以下略)

 

相変わらず将棋を知らないので、棋譜?とかは、さらっと読み飛ばし・・
将棋を知っていたらもっと入り込めたのかもしれない。
けど、まったくしらなくても何も問題なかった。(読み飛ばしてるので・・)

そして、2回目読んで思ったことは、
森信雄さん(師匠?)、すごいなー と。
1回目は村山聖の生きざまに涙を流して終わったが、
2回目は森信雄さんが気になって気になった仕方がない。

読み終えてまず涙を拭いてから、次にgoogleで「森信雄」と検索してしまった。

そして、さらにびっくり。blogやtwitterをやられている。
あらためて、すごいなーと思った。よ。

 

聖の青春 (講談社文庫)

聖の青春 (講談社文庫)

 

 

聖の青春 (角川文庫)

聖の青春 (角川文庫)