【危ないやつか?その4】Amazonで詐欺が流行っているようです。気を付けて!

【スポンサーリンク】

f:id:perien:20170427223312j:plain

普段からアマゾンをよく利用し、このサイトでもアマゾンのリンクをはって
いろいろ商品を紹介したりしていますが、
そのamazonで今ちょっと詐欺が流行しているようです。

Amazonマーケットプレイスで詐欺業者が横行 個人情報が漏れる恐れ - ライブドアニュース

私の友人にもたまーに勘違いしている人がいますが、
Amazonは、Amazon自体が販売するパターンと、
マーケットプレイスといわれる、amazon以外の出品者が販売しているパターン
があります。

今回、詐欺だ詐欺だと話題になっているのは、「マーケットプレイス」のパターンです。
友人が「amazonから買った」と言っていますが、
マーケットプレイスで買った商品なので、正確には「amazonで買った」ですね。

 

今流行している詐欺はどういう手口か

簡単に説明すると、今売れている(ランキング上位)商品を、
激安価格で販売するがそれを買っても商品が届かない。という感じです。

出荷の連絡があっても追跡できないでたらめな追跡番号だったり、
キャンセルの連絡があるが、Amazonを装って「返金される旨の通知」を行い、
そのまま待っていると、実際はキャンセルされずに保証期間が終わってしまう。等々。

お金は返ってくる(保証期間内なら)

Amazonには、Amazonマーケットプレイス保証というものがあり、
申請期間はありますが、申請すると配送料含めた購入金額が保証されます。

安心するのはまだ早い

お金返ってくるし、まあいいか。と思ったあなた。
個人情報が詐欺業者にわたってしまっています。
クレジットカードの情報が流れる事は無いけど、氏名・住所や電話番号、
プレゼント等ならお届け先の住所まで業者にわたってしまいます。
嘘か真かわかりませんが、そのわたってしまった個人情報が詐欺ショップの住所、
連絡先として使われるといった情報もあります。
本当かわかりませんが、まぁ、可能性としてはありますよね。

詐欺店舗の見分け方

まず、相場より激安になっている商品は、怪しいと思いましょう。
そんなにうまい話は転がっていません。
ついつい「カートに入れる」のボタンを押してしまいがちですが、

f:id:perien:20170425184851j:plain

 

赤色で囲った部分から、出品者の一覧が確認できます。
スマホだと、下の赤く囲った部分をタップすると見れます。

 

f:id:perien:20170425185514j:plain

では、Nintendo switchの出品者一覧を見てみましょう。

f:id:perien:20170425185614j:plain

小さくて見にくいかもしれませんが、2200円で売っています。
出品者を見てみると、評価の入っていない新規出品者。
発送元はアメリカ合衆国となっています。
もうこれ、完全にアウトでしょう。

・びっくり価格、新規出品者、海外からの発送

今、おそらくこれが一番わかりやすいパターンです。
この出品者の出品している商品一覧を見てみると……

f:id:perien:20170425185930j:plain

すごいですね。ニンテンドークラシックミニが800円、PS4が6800円で売っています。
このように、売れている商品(ベストセラー)ばかりが激安、爆安で売られている
特徴があります。

なら、評価があって発送が日本なら大丈夫なのか??
ではさっそく、見てみましょう。

f:id:perien:20170425190135j:plain

黄色でラインを引いた店舗。
価格は20,129円(送料別)。爆安ではないですが、そこら辺のお店ではまだまだ売っていないこの商品。この値段は怪しい。でも、評価が96%の高い評価で発送元は日本。
お、大丈夫と思いますか?
次は、評価の部分をクリックして評価の内容を確認してください。

f:id:perien:20170425190404j:plain

黄色でラインを引いた場所を見てください。
May 7,2009
October 5,2008
など、評価が大分昔の評価です。
これは、おそらくですが店舗を詐欺業者に乗っ取られたと思われます。

このパターンの特徴は、評価の日付が古いもしくは、最近の評価が
「詐欺」「商品が届かない」などの評価になっていると思われます。

なぜ、評価が古い店舗が多いのか。
おそらく開店したまま、いろいろな理由でもうアマゾンでは販売していない会社などのアカウントなので、そのアカウントの持ち主に乗っ取られた事がバレにくいからでしょう。さすがにバリバリで営業している店舗だとすぐ気づきますからね。

という事で、上記ポイントだけでは完全に詐欺ショップと判断することはできません。
バリバリ営業中の店舗がアカウント乗っ取られたすぐだと、判断つきませんから。

どうしたらいいのか。

一番安全なのは、amazonから買う事ですね。アマゾンが直接販売している商品です。
どうやって見分けるかというと、

f:id:perien:20170425191144j:plain

価格の下に、
「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示があるもの。

激安価格の詐欺ショップも販売している商品だと、
アマゾンがカートを取得できていないこともあるので、
先ほどの販売店舗一覧に、Amazonがいないか探してみましょう。

次に安全なのは、発送がアマゾンのパターン。

Amazonには出品者がAmazonの倉庫に先に商品を送っておいて、
売れたらAmazonがその倉庫から発送してくれるサービスがあります。
その場合は、以下の表示になります。

f:id:perien:20170425191627j:plain

「この商品は、○○が販売し、Amazon.co.jp が発送します。」となっています。

でも、欲しい商品に限ってどっちでもないんですよね……

あと、絶対に安全というわけではありませんが、
価格の横に、プライムのマークがついているのに、
発送がAmazonではなく、「この商品は○○が販売、発送します。」とあることがあります。これは、Amazonの厳しい基準を満たしたショップのみが与えられるようなので、少しは安心材料になるでしょうか。

しばらくはアマゾンから出荷される商品だけにした方が無難なのかな。

※2017/04/27 追記
激安・爆安の価格に注意とお伝えしましたが、
微妙に安い価格だったり、価格だけでは判断できないパターンもあるようです。
詐欺グループからすれば、カートさえ取得できればOKですからね。
なので、激安じゃないから大丈夫!という判断はちょっと安易にできないっぽいです。
評価の一覧で最近のコメントがあるかどうか確認してからにしましょう。

※2017/06/02追記
アマゾンのレビューについてもなんとなく書きました。

 

www.periens.com