iOS11にアップデートしたら、共有していた写真が消えたときの対応方法

【スポンサーリンク】

写真アプリのiCloud共有。
家族間で子供の写真などを共有されている方も多いのではないでしょうか。

そんな便利な写真アプリですが、
ある日急にデータがなくなって、1枚も写真が見当たりません。

そんなお話。

iCloud共有のデータが消えた原因

はっきりとはわかりませんが、9割ぐらいの確率で、
iOSをアップデートしたからだと考えています。

先日IKEAのアプリがどうしても使いたくて、
iOS10だと使えないので、渋々iOSを11にアップデイトしました。

すると、昔から使っていたアプリが使えなくなったりと
なかなかショックなことがありましたが、同じような機能のアプリがあったので、
そちらをインストールする事で昔から使っていたアプリはあきらめました。

ところが困ったことがもう一つ。

妻と共有しているフォルダに写真をアップロードしようと、
写真アプリから画像を選択して、iCloud写真共有を選択するものの、
フォルダがありません。何もない。

おおおおお、まさかまさかの純正アプリでも使えなくなったりするの?
と思いながら、あきらめきれずに設定まわりを見ていたら以下の方法で復活できました。

私が試して復活した方法

1.「設定」アプリから「写真」をタップ

以下のように、「設定アプリ」をタップして、しばらく下にスクロールすると出てくる「写真」をタップします。

f:id:perien:20171030231127j:plain

2.iCloud写真共有をオフ/オンする。

iCloud写真共有の項目があるので、(私はオンになっていました)
一旦オフにします。(再起動のような感じ)

 

f:id:perien:20171030231313j:plain

 

こちらをオフにするのですが、その際「iCloud写真共有をオフにすると共有されている写真はすべてこのiPhoneから削除されます。」といった、
ちょっと躊躇してしまう表示になります。
私は最悪妻の方にデータがあるしやっちゃえ(日産)という事で、「OK」しました。

f:id:perien:20171030231608p:plain

 

まぁ、キャンセルだと先にすすめないので。

そして、オフになったiCloud写真共有の機能を再度オンにしてみると……

やったー!!復活したーーー!!

という事でした。

なんか、急にデータが消えてびっくりしましたが今までの分ちゃんと残っていました。

ただ、共有したフォルダを見ている間、ずっとクルクルまわってデータ通信しているようなので、念のためwi-fi環境でチャレンジすることをお勧めします。
(このiPhoneからデータを削除したので再度ダウンロードしているのかな?よくわかんないけど)