カテゴリー
パソコン・ネット

リモートデスクトップがエラーで接続できない??

昨日かな?
夕方まで接続できていたリモートデスクトップが接続できなくなりました。

接続しようとすると、

認証エラーが発生しました。
要求された関数はサポートされていません

リモートコンピュータ:
原因はCredSSP 暗号化オラクルの修復である可能性があります。
詳細については、http://   を参照してください

 

と表示が出てエラーになります。

原因は?

5月のWindows updateで更新されたプログラムです。
接続元と接続先の両方に更新プログラムが適用されていると
問題なく接続できるのですが、私の場合のようにサーバー側が未適用で、
先に手元のPCが更新かかってしまったため、接続できない状態になりました。

解決方法

2018 年 5 月の更新プログラム適用によるリモート デスクトップ接続への影響 | Ask CORE

こちらでは、「回避策」としてレジストリを触ったりと方法が書かれていますが、
「解決策」としては、接続先も最新の更新プログラムにすることになります。

では、どうすればいいのか?そもそもUpdateしたくても接続できません。

で、私のとった方法はコチラ。

iPhoneからリモート先に接続して、小さい画面で何とか更新する。

でした。

Microsoft Remote Desktop というアプリがあるので、そちらで接続できます。

もしくは、まだ更新プログラムが適用されていないパソコンがあったら、
そのパソコンでリモート先に接続して更新プログラムをあててやると、
接続できなかったパソコンからもつながるようになります。

 

カテゴリー
危ないやつか

【危ないやつか?その8】GoogleからiPhoneの当選通知が来たよ。

昨日パソコンで二日酔いについていろいろサイトを見ていたら突然こんな画面になってちょっとびっくり。

f:id:perien:20180508214606j:plain

 

内容は?

おめでとうございます!

Googleをお使いのあなた!
本日の無料iPhone X、iPad Air 2、Samsung Galaxy S6のいずれかの当選者に選ばれました。

OKをクリックして景品をお受け取りください。そうしない限り別のユーザーに当選権が移行します!

↑あやしい。あやしい。完全にあやしいですよね。
でもぱっと見グーグルのページっぽい作り(笑)
さっそくブログのネタになると思い、OKをクリックして先に進みます(危険です)。

皆さんはそんな画面はそっと閉じましょう。

先に進むと、次は以下の画面に。

f:id:perien:20180508214835j:plain

 

Googleメンバーシップ・リワード

Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!(1)件のGoogleギフトが当選しました!

毎週月曜幸運な10名のユーザーが1日に一度無作為に選らばれ、スポンサーからのギフトが進呈されます。
これは当社製品やサービスに対するご愛顧への感謝の印です。

iPhone X, iPad Air 2, Samsung Galaxy S6 の中からお選びください。

商品を受け取るには次の3つの質問にお答えください。

注意:10名の無作為に選ばれたユーザーがこの招待状を受け取っており、商品は限られた数のみとなっております。

他の幸運なユーザーに商品を受け取る権利が移行するまで1分35秒です!幸運をお祈りします!

 

と表示されて、3問の質問があります。
カウントダウンすることで、怪しいかも?とか考える時間を与えないようになってますね。さて3つの質問ですが……

 

Googleの創立者は?
・Bill Gates
・Mark Zuckerberg
・Larry Page

とか、Googleの本拠地はどこ? とか Googleが創立された年は?とか。

クイズは適当に入力して間違えても正解扱いになりました。

ちょっとまって

今、たまたままじめに答えようとしてgoogleの本拠地を調べてこのサイトを見たあなた。
iPhoneXは諦めてブラウザ(タブ)を閉じましょう。
それは詐欺サイトです。

個人情報やクレジットカードの情報をゲットしようとするフィッシング詐欺ですね。
そんなうまい話ありません。

さてさて、質問に回答すると?

f:id:perien:20180508215236j:plain

おめでとうございます!

(3/3)の質問に正解しました
このIPアドレスからのアクセス記録はありません。
本日受け取れる商品は(1)個です。

 

だそうです。正解していなんですけどね。
商品はiPhone X 64GB しか選べないようです。
それぞれのページを作る手間を省くためでしょうか。

商品を選択すると

f:id:perien:20180508215410j:plain

 

あら?135円??ただじゃなかったのね。
なんて。ここから個人情報取得ですね。
この次はクレジットカード入力画面です。
あぶないですよー。

入力してしまったら?

・個人情報を入力してしまった場合

どうしようもないっぽいですね。
もしかすると、カモリストととしてリスト入りするか、さらなる詐欺郵便物やメールが送られてきたりするのか。

それとも、ただカード番号を入力させるためのカモフラージュなのか。
(いきなりカード番号入力させるのはハードルが高いので、先に住所などを入力させてクレジットカード番号の入力させるハードルを下げるためなのか。)

・カード番号を入力してしまった場合

クレジットカードの番号などを入力してしまった人は、
すぐにカード会社に連絡しましょう。多分、カードの裏側に連絡先が書いてあります。
不正利用されてしまう可能性もありますので。

 

てとで、この手の怪しいやつはやっぱり無視ですね。