iPhoneのバックアップ未作成 あのウザイ通知をとりあえず消す方法

【スポンサーリンク】

f:id:perien:20200126232051j:plain

このiPhoneはバックアップが作成されていません。バックア
ップは、iPhoneが電源に接続され、ロックされ、Wi-Fiに接続
しているときに作成されます。

これ。この通知。いつもでてくる。

写真アプリで画像みたらまた通知がでてくる。いい加減ウザくなってきます。
そんなイライラを解消すべく、通知の消し方をメモがてら残しておきます。

そもそもなぜ通知が表示されるのか?

これはまぁ、通知の通りですね。
バックアップが作成されてないからです。

何かあったときのために重要ですよね。なのでしつこく通知してきます。
それだけ重要ってことなのでしょう。

通知しないようにする方法

  • バックアップする。

これ一番いい方法です。
でもおそらくこのブログを読んでいる人は、そんな事わかってるけどそーじゃないんだよ!
って人が多いと思います。私もその一人。
重要なのはわかるけど、とりあえず通知がうざい。
バックアップは後々するからとりあえず通知しないようにしたい。

  • バックアップの設定をオフにする。

求めていたのはこの方法。
バックアップしないようにすれば、通知がきません。
手順は以下の通り。

バックアップ通知の設定をオフにする方法

1.設定のアプリを開きます。

2.「設定」の下にあるプロフィールをタップする。

f:id:perien:20200126232940j:plain

 

3.iCloud をタップします。

 

f:id:perien:20200126233015j:plain

 

4.ちょっとスクロールしたら「iCloudバックアップ」と出てくるのでそれをタップ。

 

 

f:id:perien:20200126233006j:plain

 

5.「iCloudバックアップ」をOFFにします。

 

f:id:perien:20200126233057j:plain

 

これでOK!

通知がこなくなります。

とはいえ、やっぱりバックアップしたほうがいい。

原因はiCloudストレージの空き容量が不足しているためにバックアップができないパターンが多いと思います。

iCloudの容量は無料なのが5GBまで。

なのでそれ以上のサイズのバックアップはできません。
お金を払って容量を増やすのも手ですがお金は払いたくない。
そんなときは、バックアップをとる内容を減らします。

先ほど同様、設定→プロフィール→iCloudとタップしていくと、
一番上に容量の内訳が確認できます。
おそらくほぼ写真だったりませんか?

f:id:perien:20200126233221j:plain

 

その場合、写真のバックアップをしないようすればほぼ解決!
写真のバックアップは以下がオススメ。

 

www.periens.com

(お金がかかってしまいますが、iCloudと違って月額ではありません。はじめだけ。そして使い方簡単。あと手元に保存できてる感じがなんか安心しますよね。)

 

 お金使いたくない場合は、GoogleフォトだったりAmazon Prime Photos(プライム会員)とかでもいいかも。

プライム会員は本当におすすめ。
無料配送はもちろん。写真も保存できるし、動画見放題だし、曲もきけるし!