カテゴリー
投資信託

投資信託はじめました。~下調べ2時間で10万円分買ってみた~ その3

前回、前々回に続き3回目のご報告です。

 

 

前回から一ヵ月、投資信託始めてから二ヵ月たった結果の発表です!

どん!

f:id:perien:20170816223450j:plain

妻に内緒で絞りだした10万円で投資信託を始めてから二ヵ月。
7/26時点での配当金含めたトータルリターンは+2,241円でした!

1ヵ月目でのトータルリターンは+1,696円なので、
1ヵ月目時点から+545円です。
1ヵ月目ほどの伸びはありませんでした。

ま、とにかく投資信託の知識0から2時間ほど勉強して10万円で投資した結果は
二ヵ月で+2,241円でした。
運がよかっただけなのか、もっとしっかり勉強して選んでいたら、
もっともっとリターンがあったのかは不明ですが、とりあえずマイナスにならなくてよかった。

ちなみに日経平均はざっくりですが、
開始        5月24日 19,742円
二か月後  7月26日 20,050円

私の投資信託成績は
開始        5月24日 100,000円
二か月後  7月26日 102,241円

日経平均は 約1.015倍
私の精機は 約1.022倍です。

と言っても、購入した3つのうち、日経平均と関係ありそうなのは、
ニッセイ日経平均インデックスファンドとiFree 8資産バランスの2つ。
一番成績がよさそうなグローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンドは
関係ないっぽいです。

ということで、
8月は「夏枯れ相場」と言われるアノマリーを信じて、
ニッセイ日経平均インデックスファンドを解約しました。
解約した資金は別の投資信託を購入します。

f:id:perien:20170816230655j:plain

25,000円分投資したニッセイ日経平均インデックスファンドを解約して、
25,548円ゲットしました。

ニッセイ日経平均インデックスファンドだけで言うと、
二ヵ月で548円のプラスでした。

次は利益含めたそのまま25,548円を投資に回します。

例によって、とくにこれといった勉強もせず雑誌やネットをサラサラ見ながら
選定します。

次は、eMAXIS Slim 新興国株式インデックスにきーめた!
7月末に始まった新しい商品です。
以前2時間ほど勉強したときに、過去の運用成績を見る事はとても大事!
と読んだ記憶もありますが、2か月で500円ほどのプラスにしかならないよりも、
もっと欲張ってしまいました。私の経験からするとこの欲張りは必ず失敗します。

でも漢たるもの危険を冒すのだ!ドキドキがやめられない!という
意味不明な心の声に耳を傾けた結果、25,548円はこのファンドに託すことにしました。

さてさて、この選択はどうでるのか。

お楽しみの結果(途中結果)報告はまた来月。
(ちなみに、この記事を書いている8/16現在ではさっそく222円のマイナスとなっている模様)

カテゴリー
投資信託

投資信託はじめました。~下調べ2時間で10万円分買ってみた~ その2

前回はものすごく雑に投資信託とは?を説明して終わってしまいました。

 

www.periens.com

 今回は、実際に買ったところからです。
もう当時の私は、とりあえず投資信託を経験してみたい!
というのが勝っていましたので、
商品選びも時間をほとんどかけていません。
ランキングや、雑誌の記事にちょっと書いてあった商品から選びました。

では、実際に何を買ったのかというと……

iFree 8資産バランス

8つの資産(国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、国内リート、海外リート)に投資を行い、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保をめざして運用を行う。

だそうです。なんとなくよさそうな感じするでしょ?

ニッセイ日経平均インデックスファンド

日経平均株価(日経225)(配当込み))の動きに連動する成果を目標に運用を行う。

だそうです。今日経平均株価が2万円超えてーて感じ何で、これも買いました。

グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)

日本を含む世界のリートに投資することで、相対的に高い配当利回りの獲得と信託財産の成長を図ることをめざします。また、毎月、金利が高い1通貨を選定、通貨のコールオプションの売却によるプレミアム収入と、米ドル売り、当通貨買いの為替予約による金利差の獲得を目指す。

らしいです、よくわかりません。

とりあえずリートというのは、不動産に投資する金融商品という事しか理解していません。
これを選んだ理由は、「毎月分配型」だったから。
毎月配当金が入ります。最近だとこれは基準価格あたり100円配当があります。
とは言っても、その分まるまる儲けというわけではなく、配当があった翌日はガクっと基準価格が下がります。 でも、なんとなく手元に配当金が増えてくのって気持ちいいですね。(基準価格は下がっているんだけど)

この3つを
iFree8資産バランス を 45,000円分
ニッセイ日経平均インデックスファンド を 25,000円分
グローバルリートトリプルプレミアムファンド を 30,000円分
合計100,000円分、投資しました。

これを一ヵ月間持ち続けた結果は……

f:id:perien:20170706231445j:plain

 

トータルリターン1,696円!!

同じ割合で100万円投資してれば、リターンが16,960円!

よかった、マイナスになっていなくて。。

 この結果、よくわかってないなりに解説すると、
今の投資信託合計の評価額が100,848円。
解約時の信託財産留保額を抜きにすると、848円増えています。
そして、グローバル・リートでgetとした分配金の848円。おお偶然同じ金額だ。
偶然同じ金額になった848円と848円を足した1,696円が、
10万円分、2時間勉強と商品選びをして得た結果です。

勢いであまり調べずに始めましたが、マイナスにはなっていないのでしばらく
このままにしておこうと思います。

2か月目の結果も報告しますね。
2か月たったら、少しファンドを入れ替えてみようかな。

カテゴリー
投資信託

投資信託はじめました。~下調べ2時間で10万円分買ってみた~ その1

私、実は10年以上前から株を初めて、それからFXに手を付けて、
車一台分ほど損をしております。。

大して勉強や調査などせずに、楽をして儲けようと考えて実行した結果なので、悔いはあっても仕方がないと思っています。

そんな私ですが、最近「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」という単語が気になりちょっと調べていたら、60歳までお金の引き出しができないという事を知り、ちょっと萎えたついでに、道を外れ気が付いたら投資信託を調べていました。

 そしてまたよく考えずに、とりあえずやってみよう精神が働き、iDeCoを調べていたはずが、投資信託をするこんになってしまいました。

とりあえず、投信が何か知らなかった私が、2時間かけて分かった事すべてをお伝えします。

でも、2時間しか時間を割いていないので、そもそも本の上っ面の知識しかなく、理解が違っているかもしれません。
本気で投資信託始めたい方は、ぜひ他のblogを見てください。
ものすごくかいつまんで説明します。

 

投資信託とは?

運用のプロが、株式や債券などに投資・運用してその運用の成果を私たちに還元しようとする金融商品です。
私のような勉強もしようとしない、ド素人が株をやるよりプロに運用してもらった方が、よさそうな気がしますね!

特徴

・運用のプロが運用する。
先ほどチラっと書きましたが、株やFXは自分の判断で運用していきますが、投資信託は運用のプロが運用します。(まぁ、最初にどの商品を選ぶかは自分ですが……)

・少額から投資ができる。
株は始めるのにある程度の金額が必要ですが、都市信託は10,000円くらいから投資ができます。

・自分では投資がしにくいようなものにも投資ができる。
個人ではちょっとハードルが高かったりする国や地域、資産にも投資できます。

さらっと、こんなところでしょうか。(おそらく)

もちろん、株などと同様、元本保証はありません。
10万円投資して、もうかって15万になることもあれば損をして5万円になることもあります。

費用

もちろん、お金がかかります。株なども売ったり買ったりするときに手数料がかかりますが、投資信託は他にもいろいろ費用がかかります。
プロに運用を託しているのですから、当たり前と言えば当たり前な気もしますが。

・販売手数料
投資信託を買うときに、販売会社(証券会社や銀行など)に払う手数料です。
大体、購入金額の数%です。販売手数料が2%だとすると、100万円投資したら、2%がひかれた98万円が実際に投資された金額です。販売手数料がかからない商品もあります。

・信託報酬
投資信託を運用する際の費用です。経費や運用会社の報酬等です。
これは、年間〇%となっていて、毎日計算されて日割りで計算されて引かれていきます。これも商品によってバラバラです。

・信託財産留保額
投資信託を途中で解約する場合の手数料です。これが必要な投資信託もあれば不要の投資信託もあります。

ざっくりいうと、こんな感じっぽいです。他にも細かいのありそうですが面倒くさがりの私は大まかな理解で次にすすみます。
あ、あとはもちろん税金もかかります。

どこで売ってるの?

投資信託は証券会社や銀行、郵便局などで買うことができます。
販売会社によって、投資信託の品揃えや購入時手数料が違います。

取り扱い商品が多いのはSBI証券と楽天証券らしいです。

 

私は株をやっていたので、松井証券と楽天証券には口座を持っていたので、
楽天証券で買ってみる事にしました。

どうやって儲けるの??

大きく分けて2つのパターンがあります。

運用の値上がり益

投資信託はプロが日々運用しているので、投資信託の値段がうまくいけば高く、失敗すれば低くなっていきます。1万円投資した投資信託が1万2千円になったときに売れば、手数料や税金を引いた金額がもうけになります。

分配金

運用によって得られた利益の一部を還元するものです。
運用状況によっては、分配金が減ったり、そもそもなかったりします。
あと、分配金が支払われるとその分基準価格が下がります。

 

ちょっと長くなりそうなので、続きはまた今度。
次は、実際にどの投資信託を買って、一か月後にどれくらいになったご報告しますね。